体格を気にせずに着用できる!ウェディングドレスの選び方

腹部の太さを目立たせにくいデザインもある

色んな飾り付けをしても派手過ぎるように見えないのが、ウェディングドレスの良さの一つです。腹部が大きい事がコンプレックスになっている新婦でも、腰の辺りに大きな飾り付けをしても不自然に思われる事もありません。結婚式に向けてダイエットを頑張っているけれど、思ったような成果が得られなくて困っている時には、ウェディングドレスの飾り付けにこだわってみましょう。腹部が目立たなくなるだけでなく、より全体的に美しく見えるようになります。

足の短さを気にせずにウェディングドレスを着る

足が短い事がコンプレックスになってしまっている人は、足をスリムで長く見せるようなカラーデザインをした、ウェディングドレスを探してみましょう。ウェディングドレスを用意しているメーカーは、足を長く見せるデザインを数多く用意しているので、コンプレックスなど気にせずに結婚式を迎えられます。思い出のビデオに脚部が映っていても、足の短さを気にせずに済むというだけで、ウェディングドレスのデザイナーに感謝をしたくなってくることでしょう。

新郎のスーツとデザインを多少合わせる

少しデザインが派手なウェディングドレスを選んだけれど、新郎のスーツと比べて派手すぎたと感じる場合もあります。そんな時には派手な飾り付けなどを外そうとするのではなく、新郎が着る予定のスーツの色合いに近いウェディングドレスを選んでみましょう。二人が着ている衣服の色合いが近いだけで、お似合いのカップルというイメージを作り出せます。ウェディングドレスが派手すぎるというイメージを抑える事も可能ですから、まずは色合いを合わせる事から始めましょう。

レンタル料が何十万もするのが普通ですが、ヴィンテージの綺麗なウェディングドレスを安価で販売している会社もあるようです。思い出にも残りますし、購入する人が増えています。