食事会形式の披露宴を行うときの注意点

食事会形式の披露宴とは

近年では結婚式の縮小化が進み、大々的な披露宴を行うカップルは少なくなってきています。代わりに、家族や親族、ごく親しい人だけを招いて小規模の披露宴を行うというカップルが増えてきています。近年ふえているのが食事会形式の披露宴です。親族のみ招いて、食事会形式で行う披露宴のことをさします。豪華な会場装飾や演出などをせず、シンプルに食事と会話を楽しむことができるのが魅力です。しかし中には披露宴と変わらないほど豪華になることもあるようです。

食事会の内容について

食事会は、食事を楽しみながら新郎新婦の紹介をするのが目的とはいえ、ただの平服で食事をするだけだと結婚のけじめになりにくいということもあります。新郎新婦のあいさつ、両親への感謝の言葉などは行うと結婚の場らしさがでるのでおすすめです。また、ウエディングケーキへの入刀なども行いたいならば対応可能であることが多いです。また、親族の紹介も新郎新婦自ら行うとよいでしょう。食事会に司会を頼むのはそぐわないので、新郎新婦が進行することを意識しましょう。

引き出物や招待状について

食事会とはいえ、ご祝儀をいただく可能性は少なくありません。そうなると引き出物をどうするかという点についてが悩むかもしれません。引き出物を用意するのもありですが、食事会ということなので引き菓子のみ用意し、ご祝儀をいただいた場合は後日結婚内祝いとして郵送するようにするという方法もあります。また、引き出物を用意しない場合はあらかじめご祝儀の気遣いは不要と伝えておくとよいでしょう。

また、親族のみなので招待状は不要かと思うかもしれませんが、念のため贈っておくほうがおすすめです。

東京には少人数での結婚式に対応している式場が多数あるので、関東で少人数の結婚式なら東京の式場を探すと、予算やニーズに合った式場を見つけることができます。