結婚の証になるジュエリー

いつ身に付けられるべきなのか

結婚を控え、男性から贈られる婚約指輪に関して、どのタイミングで身に付けるべきなのか悩む女性は意外と多い傾向にあります。現実的に受け取った日から身に付けることは問題はないものの、タイミングとしては結納の際の婚約記念品に用いる形式が図られるため、結納後に身に付けるのが一般的です。また、婚約指輪は結婚までの期間中に身に付けるもので、結婚指輪と違い、高価な宝石による装飾品であり、日常生活での違和感も重なることからこれまでは式を挙げるまでの期間でお披露目するタイミングが図られていました。

普段から身に付けたい

ですが近年では、結婚した証として結婚指輪と重ね付けするケースが増えており、夫婦円満であるアピールも兼ねた内情です。例えば、結婚式にゲストとして出席するなどのお呼ばれシーンで身に付けるのが抵抗がなく、これまでは高価で壊れることを恐れて保管しておくケースが挙げられていました。婚約指輪の相場は平均約30万円で、お返しは半返しです。リングの素材や宝石の品質も近年では非常に高度になり、日常的に身に付けても壊れにくく、普段から身に付けられる内容に変遷されています。

永遠の輝きを誇るデザイン

また婚約の象徴として、永遠などの言葉通りのダイヤモンドをメインとした指輪のデザインは人気が高く、一粒で仕上げるデザイン以外にも、リングには様々な種類が提案されています。例えば、結婚指輪にも利用されやすいのが丸みを帯びたフォルムの甲丸ですが、さらにウェーブはシンプルな甲丸と比較した場合に曲線部にダイヤモンドをあしらうことができ、デザイン性で女性から評価されています。また、幅広い年代から人気なのはエタニティタイプで、名前の通りに永遠の意味を持ち、全周に途切れなくダイヤモンドが並べられた婚約というイベントに相応しいデザインが支持されています。

婚約指輪を買う時に、おすすめなのが御徒町です。ダイヤモンドの卸の店が多く、質の良いダイヤモンドを安く買うことができます。