結婚式前のプロポーズについて

定番化しているイベント

これから結婚をする二人が決断として行うことが多いのがプロポーズです。一般的には男性から女性にするようなイメージがありますが、最近では女性から男性へのプロポーズをするようなことも多くあります。場所も色々で二人の思い出の場所で行うようなケースもあれば、飲食店で行うようなこともあります。また、これから結婚式を挙げるような式場を利用して行うケースもあり、場所によってはこのイベント専用のプランを用意しているところもあります。

法的な拘束力はないこと

結婚式をする前に行うことが多いプロポーズですが、これに対しての法的な拘束力は全くありません。これを行ったからといって婚姻関係が成立をしているとは言えないので、結婚をこのあとに取りやめになったとしても損害賠償など求めて大きな勝ちを得ることはできないことが多いです。結婚において法的な拘束力が発生をするのは婚姻届を提出して受理をされた後のケースになるので、注意が必要です。詐欺などはこのルールを悪用することがあります。

その後の流れについて

プロポーズをするとそのあとは、両家のあいさつというのが一般的な流れになります。挨拶をすませたあとに本格的に結婚式に向けた準備が進んでいくことになります。しかし、これはあくまで一般的な流れであるためにすべてに当てはまるわけではありません。プロポーズというイベントを1つの区切りとして結婚に向けていろいろな準備が進んでいくことになります。しかし、その前に長期的に準備が必要な資金面などは整えておく必要があります。

神戸の結婚式場は三宮周辺に多数存在し、大規模な式を挙げることが出来る場所や、身内だけでおこなう小規模な式場とさまざまです。